現役高校生が今の日本に物申す!

たくさんの意見、コメントがほしいです!

日本国憲法第9条について。

 こんにちは。

 今回は日本国憲法第9条について書きたいと思います。

 まず、日本国憲法第9条とは…

第2章 戦争の放棄
第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

というものであります。

 しかし、この9条を作れと言ったのはアメリカを主とする連合国軍総司令部GHQ」であります。

 アメリカは二度と戦争を起こさないように、そして、反発できないようにしたかったのだと思いますが、これが今の日本の国防を根本から揺るがしているのだと私は考えます。

 例えば、中国や韓国による日本への挑発行為も日本がなめられているからですし、その原因といえば、どうせ交渉やらお金でしか解決できないのだろうと、たかを括られているからです。

 

もっとわかりやすくするのであれば、殴っても殴り返さずに、「やめてよ」と言うだけのボクサーが怖いですか?怖くないでしょう。だって殴り返されないのだから。

 このように今の領海侵犯や挑発行為は、ジャブなのです。いつ本格的に仕掛けてくるかわかりません。

 国際的関係において、温厚、友好的、思いやりという日本人の素晴らしい国民性は仇となるのです。

 日本も戦争のためでなく、安全のために憲法9条を改正する必要があると考えます。

 形だけでもいいのです。

 相手が反撃してくるかもしれない、しかも日本がなくなれば工業技術や、輸入品もストップし困ってしまう。そのデメリットしかない状態で戦争を仕掛けてくる国などほぼないでしょう。

 また、この話をすると、日米安全保障条約により、アメリカが守ってくれるから大丈夫だと話される人がいますが、その確証はあるのでしょか。

 アメリカに守ってもらう。つまり日本は受け身なのです。

 その条約を守るか守らないかは、アメリカの自由なのです。日本も第二次世界対戦中、同盟国だったロシアに攻め込まれました。

 このように自国の存亡に関わる国際的な条約や協定はあるようでないようなものだと思います。

 もし戦争が起こり、アメリカが全面的に協力してくれれば負けることはないでしょう。

 しかし、それは「くれれば」の話です。

 トランプ大統領も言っていた通り主権国家である日本においては、自分の国は自分で守るだけの義務があると思います。

 よって、第9条を改正し、もしもの戦争に備えるべきだと考えます。

 この記事についてたくさんの意見お待ちおります。

現役高校生が今の日本に物申す!

 こんにちは。

 はじめてブログというものを書きますので、不愉快な点がでてくると思います。お先にお詫び申し上げます。

 また、高校生ということもあり、知らないこともたくさんございます。間違っているところ、見てくださった方の意見をどうかコメント欄で教えてください。

 このブログの目的でもあるのですが、見てくださった方の意見などを踏まえて、自分の考えをより深いものにしていきたいと考えております。

 たくさんの意見お待ちしております。